ホームページ
設計者協会主旨
会員名簿
コース設計家の歴史
会員設計家のコース紹介
ゴルフマネジメントへの寄稿
GCAジャーナル
お問い合せ
リンク
会員への連絡
 





気になるゴルフ
日本ゴルフサミット会議
「気になるゴルフ」

やめてくださいスポーツ課税
やめてください
スポーツ課税


JSGCA名誉協力会員
秋山 真邦 著


golmaji20

個人情報保護方針
サイトポリシー

 
 
   
世界のコース設計
ペナル型から戦略型へ


1本の攻略ルートでは、単調で不公平

 19世紀後半から20世紀初頭にかけて、コース設計の暗黒時代があった。
 実は、ペナル型、戦略型とはっきり分類できはしないし、それほど単純ではない。しかし、ペナル型と考えられるホールは、ミス・ショットをつかまえるバンカーの位置(初期はティーから50〜80ヤード、これが次第に100〜140ヤードになった)、林の伐採の形(林を真っすぐに伐採し、不自然な直線を出してしまう)などの特色がある。基本的には、攻略ルートが単純で、力の強弱によって不公平なプレイとなる。

 暗黒時代には、思想がなく、強いプレイヤーが意識せずに自己顕示する結果、このような造成が多かった。
前へ
 
  1920〜30年には、特に、米国では”力だけでなく頭脳も”という戦略型ホールに対する理解が高まった。
 A・マッケンジー、G・トーマス、A・ティリングハスト、H・コルト、R・ハンター、T・シンプソンなどの巨匠がコース論を著し、次々に上梓したことが大きな力となった。大恐慌直前までに、アメリカのゴルファーはコースに関しての理解度が高くなっていった。英国のゴルフに追いつき、追い越そうという意欲が、アメリカでは強かったのである。


次へ