ホームページ
設計者協会主旨
会員名簿
コース設計家の歴史
会員設計家のコース紹介
ゴルフマネジメントへの寄稿
GCAジャーナル
お問い合せ
リンク
会員への連絡
 





気になるゴルフ
日本ゴルフサミット会議
「気になるゴルフ」

やめてくださいスポーツ課税
やめてください
スポーツ課税


JSGCA名誉協力会員
秋山 真邦 著


golmaji20

個人情報保護方針
サイトポリシー

 
 
   
小林光昭 Kobayashi, Mitsuaki
ジーケン
理事
神奈川県厚木市毛利台3-8-5 〒243-0037

G-ken Co., Ltd.
Chairman of the bord
3-8-5 Mouridai, Atsugi-shi, Kanagawa 243-0037

プロフィール

昭和4年愛知県生まれ。
昭和29年日本緑化土木(株)設立時のメンバーとなり、ゴルフコース設計の道を歩む。
藤田鉄哉・三好徳行・井上誠一・安田幸吉ら数多くの名設計家と出逢い、アシスタント、共同設計と仕事を通じ経験を積む。特に神奈川県にあるレイクウッドGCの設計・造成する際に、米国の設計者テッド・ロビンソン氏と知り合い、水を用いたハザードの素晴らしさに驚嘆し、以来生きた水の使い方、水とコースの調和について研究を重ね、調整池、貯水池、景観池、戦略池と複合的な目的を持った池をコース設計に取り入れてきた。水は生命の根源であり、自然の態を最大に表現していると思う。大胆な水の配置を見て「水の小林」と言われるようになった。
平成2年「小林光昭のゴルフコース造りの実際」と題してセミナーを開催、許認可問題、水際の設計、施工の講演を行い、好評を博す。以来各地で「楽しいゴルフ場造り」の講演を続けている。