ホームページ
設計者協会主旨
会員名簿
コース設計家の歴史
会員設計家のコース紹介
ゴルフマネジメントへの寄稿
GCAジャーナル
お問い合せ
リンク
会員への連絡
 





気になるゴルフ
日本ゴルフサミット会議
「気になるゴルフ」

やめてくださいスポーツ課税
やめてください
スポーツ課税


JSGCA名誉協力会員
秋山 真邦 著


golmaji20

個人情報保護方針
サイトポリシー

 
 
   
一般個人会員募集 事務局からのお知らせ
GCA JOURNAL No.7
世界でも珍しい性格の日本のゴルフ受難史 金田武明
 

ゴルフ史は、受難の歴史である。皮肉なことには、はじめてゴルフ(Golfではなく、Goffと呼ばれていた)という文字が現れたのが、ゴルフ禁止令だった。1457年のスコットランド議会で、ゴルフとフットボールが禁止されたのである。

理由は、スコットランドの食糧難とイングランドに対する戦争準備だった。しかし、その禁止令は効果がなかったらしく、1471年、1491年と、合計3回も出ている。もっとも、その後は火薬の発明で弓術が不要になり、禁止令は有名無実となっていたのである。

ところがその後、ゴルフをプレイして教会に行かぬ連中がふえたためか、1592年に、安息日のゴルフが処罰の対象とされた。近世になってからは、戦争による大競技の中止があっただけである。

残念ながら日本のゴルフ受難史は、世界に冠たるものである。

初期のゴルフ場は、英国人の余暇のために生れたもので、日本人ゴルファーは皆無だった。六甲山の神戸ゴルフクラブ(1901年)は、数人の日本人の会員がいたが、名前だけだったようだ。

パブリック・コースも1912年とかなり早期に生まれているが、これは、東洋各地から集まる外国人を対象として生まれたものである。(営業不振で2年後には会員制になっている)。そのうちに、日本人もプレイをするようになった。それは米国や英国でゴルフを習い覚えた人々が帰国してゴルファーになったからだ。ゴルフが盛んになるにつれ、舶来の特権階級の遊びとして目立ちはじめ、風当たりが強くなる。ゴルフ亡国論が唱えられ、右翼の嫌がらせが始まる。

1924年、保土ヶ谷カンツリークラブからの帰途、川崎肇、大谷光明氏等が、壮士風の暴漢に襲われ、川崎氏は片目を失ってしまった。英米のゲームであり、一部特権階級のぜいたくな遊びのために、広大な土地を使うことが反感を呼んだのである。

新聞雑誌も、ブルジュア遊戯ときめつけ、ゴルフ亡国論が有名な評論家、学者によって堂々と展開されたのである。1929年、福岡県は、ゴルフクラブ会員に年20円の税金を決議しているが、これが日本でのゴルフ税第一号である。1933年、機は熟した。静岡県は川奈ゴルフに対し、入場者1名から1円を徴収しようとした。川奈は、大倉喜七郎氏が世界に伍するクラブを目指し、赤字を自分で補填していたところである。大倉氏は頑強に拒否し、遂にゴルフ場閉鎖という強硬手段でこれに対抗したのである。世界一流の人々と交流を持つ国際人だったが、明治生まれの気骨ある抵抗に静岡県もついに白紙撤回した。

しかし、その後日本は戦争に向け大きく方向転換していったのである。1939年、各ゴルフクラブに対し、入場料の10%を賦課することになった。詳しくは不明だが、戦争協力費等、さまざまな事由を盾に無理難題を押し付けたのだろう。翌年には20%、1942年には50%、1943年に90%、1944年にはついに150%という大増税であった。

戦争が終わり“鬼畜米英”を表看板にしたゴルフ税は消えたが、新たに自発的な税が顔を出す。当時、石井光次郎氏が衆議院議長であり、日本ゴルフ協会の会長でもあった。協会の名副会長といわれた野村駿吉氏は、敗戦後の荒廃した日本の将来は、地方の発展にあると考えていた。野村氏は英国の生活が長く、中央集権ではない社会制度を知悉していた。(いまになって、地方自治の育成は、卓見だったことがわかる)。

地方の発展・育成には、財源が必要だ。そのために、ゴルファーが1回100円ずつ拠金しようじゃないか、という意図があった。

偶然に、私は、野村事務所で、その打ち合せの中にいた。学生でもあったし、もちろん、私は傍に座っているだけだった。

「余計なことですが、私は反対です。200円のハヤシライスを食べず、100円のカレーにするゴルファーもいるのです」
せっかちな野村さんは、私の発言を遮って言った。
「君、ゴルファーは、100円くらいのことでごちゃごちゃ言わないよ」
と一笑に付されてしまったのである。100円は確かに大金ではなかった。しかし、このボランタリー・クックスは、いつの間にか法制化され、ゴルファーの手から離れ、大きく成長していくのである。

野村氏の好意ある決断は、いつの間にかゴルフを不健全にする高額なものになってしまったのである。地方自治を促進するための財源を、ゴルファーが善意を持って考えついたことは、今になると誰も知らない。

税金をとっている役人も、もちろん、そのいきさつを知るはずもない。急な夕立をしのぐために軒先を貸したら、いつの間にか床の間を背に座り込み、いくら出せと胴喝する無頼漢のようなものである。

ゴルフ用品の高額な物品税は、幸いにして消えたが、そもそも、運動用具に30%という高率の税自体が変則だったのである。しかし、事の始まりのゴルファー側の誠意は、誰も知らない。

このように日本のゴルフ受難は、世界でも実に珍しい性格を持っている。私達は、日常生活での一人当たりの占有面積が狭いから、せめて遊びでは,広いところに行きたいと思う。しかし、ゴルフをしない人々からすると、この狭いところで、何がゴルフコースだということになる。

現在も相変わらず、農薬問題、環境問題でゴルフ場が非難されているが、その根底には、楽しそうなゴルファーの姿さえも見たくない人達がいると思われるのは、一体どうしたことだろうか。

掲載順不同
クリックすると各コースの情報ページが表示されます。
詳細は各コースにお尋ねください。