ホームページ
設計者協会主旨
会員名簿
コース設計家の歴史
会員設計家のコース紹介
ゴルフマネジメントへの寄稿
GCAジャーナル
お問い合せ
リンク
会員への連絡
 





気になるゴルフ
日本ゴルフサミット会議
「気になるゴルフ」

やめてくださいスポーツ課税
やめてください
スポーツ課税


JSGCA名誉協力会員
秋山 真邦 著


golmaji20

個人情報保護方針
サイトポリシー

 
 
   
一般個人会員募集 事務局からのお知らせ
GCA JOURNAL No.4
いろいろなゴルフクラブ 編集部
 

ゴルフは世界を結ぶスポーツになりつつある。資本主義社会にだけ存在すると思われていたが、共産主義体制の中国にさえコースがいくつも誕生した。

ゲームは一つだが、ゴルフクラブのあり方は、各国それぞれに驚くほど違う道を歩んでいる。最もわかり易いのは米国であり、多様化の進んでいる様々なクラブをとりあげよう。


プライベート

米国は民主主義的な国家だが、同時に階層社会である。プライベート・クラブもピンからキリまであるのは、所得、職業、宗教、人種等、様々な要因があるからである。

Exclusiveなクラブという表現が使われる。文字通りに訳せば、排他的だが、私たちの感覚では名門ということになるだろう。

ごく数年前までは、WASP(白人、アングロサクソンでプロテスタント)を主体にしたクラブもあったが、公民権運動のひろがりから徐々に壁がとり除かれ始めている。

社会学的な論は割愛し、簡単に記しておこう。
(1) 最もプライベートなクラブ(最も高い格)
(2) 全米オープン、アマチュア等の大競技の開催コースとして提供するプライベートクラブ(格は高いが、同時にプライバシーを犠牲にする度量がある。)
(3) 各地方で名士が会員となるクラブ。
(4) セミ・プライベート

非会員のプレイを許すクラブで会員の負担金は少い。ただし、非会員からの収入が全収入の25%を越すため、税制が異る。


リゾート

観光客を対象にしたコースでホテルが運営している。リゾートコースも様々な段階が用意されている。リクリエーションのためのゴルファーが楽しめるコースが大事だが、ゴルフ愛好者を対象とした高度のコースも誕生して来ている。


パブリック

いわゆるディリーフィーコースは、民営だが、近来、数が増えて来ている。

ミュニシパル(公営)コースは、今世紀初頭から生れているが、十年ほど前からコミュニティークラブが誕生して来ている。その地域の住民のためのクラブで、従来のミュニシパルよりも、市民の憩いの場として施設も整って来ている。

大きく分けてこのようになるが、プライベート、リゾート、パブリックというカテゴリーだけでは終らないほど、各種各様のコースになっている。

従来は、プライベート、特にゴルフクラブの名を冠するクラブは、難コースであるケースが多かった。カンツリークラブのようにテニス、水泳、ポロ等の施設をもたない。綜合的なリクリエーションではなく、ゴルフだけに集中しているのがゴルフクラブであり、高度なコースが多い。

1910年〜30年は、すなわち第一次大戦から大恐慌前夜までが、米国の古典コースが誕生した時代である。ゴルフクラブの厂史が、六十年〜八十年というのも決して偶然ではない。

掲載順不同
クリックすると各コースの情報ページが表示されます。
詳細は各コースにお尋ねください。