ホームページ
設計者協会主旨
会員名簿
コース設計家の歴史
会員設計家のコース紹介
ゴルフマネジメントへの寄稿
GCAジャーナル
お問い合せ
リンク
会員への連絡
 





気になるゴルフ
日本ゴルフサミット会議
「気になるゴルフ」

やめてくださいスポーツ課税
やめてください
スポーツ課税


JSGCA名誉協力会員
秋山 真邦 著


golmaji20

個人情報保護方針
サイトポリシー

 
 
   
一般個人会員募集 事務局からのお知らせ
21世紀ゴルフへの提言
月刊ゴルフマネジメント Architect's Corner  2006 June. 協力:一季出版(株)
ゴルフコース改造の必要性
日本ゴルフコース設計者協会
副理事長 佐藤 毅
 

新規のゴルフコース建設が完全に収束した中にあって、リニューアルに向けたコース改造の動きが見られるようになった。一概にコース改造といってもその内容は異なり、サービス向上や時代の要請に基づく改造、あるいはプレーヤーの要求に応える改造、改修などが、その主な例として挙げられる。

ゴルフコースは完成するとともに、今度はそれを維持する責任が生まれる。当然「維持」することの中には、コース改造も含まれるといっていい。ゴルフコースを何時も魅力的な姿に維持するには、改造、改修によって常にイメージチェンジを図る必要がある。それは歴史あるゴルフ場おいても、開場まもないコースであっても同じことで、コースのあるべき姿を求めるための努力を忘れてはならない。コース改造とはそうしたところを少しずつ、改良、改善して変身させていくところに大きな意味があるといっていい。

何よりも、競争が激しさを増す今日のゴルフ界にあって、ゴルフコースの品位と顧客サービスこそがゴルフ場に求められるものだと思われる。ゴルフ産業は今大きな転換期を迎えており、コース改造の新たな動きもそれを裏付ける表れといえよう。

積極的にコース改造が行われる中で、一般にホールの形状の変更や改善だけに目が向けられがちだが、ゴルフコースの満足度を高めるのは単にホールの改造だけではない。サービス改善に目を向けるなら、カート道路の改善、改修もその一つである。また、ゴルフボールやクラブの改良によってコース改造を余儀なくされる場合もある。さらに戦略性を求めたリニューアル、難度を求めるためのハザードの配置転換などが今後改造の目的として増えてくるだろう。

リニューアルによるコースの改良も大切だが、コース改造計画と併せて、コース管理を取り巻く施設改善への事業投資も忘れてならない項目の一つと言える。コース管理の近代化は水使用の増大を辿り、芝のクオリティが高まるほど水の使用量が増えるというのが、今日の定説になっている。イリゲーション設備、散水器具類の近代化を図るための投資や、管理機械、機材類への投資もその一つとして重要になってくる。

いずれにしてもコース改造の失敗は、経営の根幹を揺るがしかねない危険を伴う。だから改造を前に入念な計画を立案すべきはもちろんだが、同時にコース設計者に適切なアドバイスを求めることも、改造を成功させる重要なポイントだと知るべきであろう。

付加価値高める改造の種類

近年はグリーンクオリティを高めるための改造、改修が盛んに行われるようになった。ハイクオリティを求めてニューベント種に切替える改造もその一つだ。

そのニューベントへの切替えは、クオリティの高さ、コース管理の容易さなどが浸透してきたためか、その改造工事が全国的に広がりを見せている。

欧米では既に新しいベント芝への切替えが着実に進んでいて、日本国内での需要の高まりにはそうした背景があるようだが、何よりもプレーヤーの要望が転換を後押ししていると言っていい。いずれにしても国内事情から判断して、近い将来ニューベントグラスに転換するための改造工事が、本格化するのは間違いないだろう。

改造、改修は時代の流れを意識して計画・実行されることが多いようだが、近年、特に改良の必要に迫られているのが、プレー戦略を考慮したコース改造ではないだろうか。例えば過去に造られたゴルフコースでは、ゴルフクラブやボールの技術革新によってハザードが効かなくなったと言われるケースが増えている。つまりボールの飛びすぎによるホール距離の不足や、機能を失ったハザードなどがその対象である。こうしたハザード配置の転換をはじめ、ホール戦略の見直しを図った改造、改良工事の必要性が次第に高まってくるものと思われる。

コース改造はゴルフコースのグレードを高めるために実行されるべきものであり、改修、改良によってホール美観のグレードアップを図り、プレーの満足をより高めるといった意味を持つものでなければならない。より良い改造は結果としてコース価値を高めることに役立ち、ゴルフビジネスをより確かなものに成長させるという面でも、大きな役割を担っていることは間違いないのである。

今日のゴルフ経済指標から判断する限り、改造、改修への投資の必要性は認識していても、改造工事によって発生する営業損失や改造に要する費用などを考え合わせると、決断を鈍らせる要因が数多くあることも事実である。

しかしゴルフコースは、生き物であることを忘れてはならない。絶えず新鮮さを求めた改良が必要であり、プレーヤーの多くもそれを望んでいるはずである。一度にすべてを完璧なものに仕上げる必要はない。少しずつ時間を掛けながら改良を図ることも立派な改造である。そうした改造方法の選択も、今後望まれる手段の一つとなるはずである。

コース改造以外の設備投資

コース管理における散水施設の重要性は認識されているが、それに対する設備投資不足が意外に多いことに気付く。コース管理に欠かせない重要な役割を果たしている管理用水確保もその一つで、近年その使用量が次第に増加する傾向にある。水はゴルフ場にとってコース維持管理に必要不可欠な存在であり、こうした用水の確保が今後最も重要視される課題の一つとなるだろう。又、開場年数の経過とともに散水機材や設備の老朽化が、予想以上に進んでいることも忘れてはならない。今やハイテク技術によって一昔前のそれとは全く違った機器、備品が登場している。コース管理のハイクオリティを求めようとするならば、そうした設備機材類の向上、充実も必要と思われる。地下埋設の配水管なども例外ではない。老朽化した送水管の破裂などによる突発事故は、芝管理の重要期に予期せぬ事態を招く危険さえある。そうなれば当然、回復のための経費の計上を余儀なくされる。だからこそ今、そうした施設への投資を改めて見直す必要があるのだ。

又、設備投資へのスタンスは何時の時代も議論の焦点になりやすいが、意外にも論争の外におかれやすいのがコース管理の必需品である。コース管理機械、機材、車両などの必需機材を含む数々の備品は、使用耐用年数が大きく経過しているにも拘わらず、やむを得ず使い続けるケースが少なくないようだ。しかしながら、機材の古さが時としてコース管理に影響を与え、クオリティの悪い芝管理を強いられることさえある。ゴルフコースのハイクオリティを望む一方で、肝心な機械が欠如しているのであれば、バランスよいコース管理は望めないはずである。前述したように、今やコース管理機材もハイテク技術による高精度の機種が続々と誕生している。そうした機種、機材がこれからのゴルフコース管理に求められていることも忘れてはならない。

同様に設備投資を拡大して見るならば、建築物に対するリニューアル対策も同じことがいえるだろう。クラブハウスを含む付帯施設や、建物内部の器具、備品、機材類に至るまで、使用年数の経過とともに償却時期に達し、目に見えない損失が多く発生することさえある。ゴルフ場経営はこうした設備への投資を含めた対応が、重視される時代になったと言えるのではないだろうか。

ゴルフ場の経営改革の中にあって、施設への投資が見過ごされてきた一面が少なからずあるように思える。コース改造を含め、次世代のゴルフコースのあり方を今一度総点検することも、現在のゴルフ場に求められているといえよう。

 

掲載順不同
クリックすると各コースの情報ページが表示されます。
詳細は各コースにお尋ねください。